FC2ブログ









月に想いを - 2 -

tuk005.jpg

魔法のiらんど」というサイトを利用し
小説を掲載するのが流行っていた頃、
もうだいぶのことですが、
その頃に書いていた物語を発掘したので、
リメイクしてみました

内容は、
なんだかこっずかしいので
追記にて…

      



tuk006.jpg

ピョンは、ミミがしてくれるっこが、とっても大きです。
お母さんやお父さんがしてくれるっこと違い、力が入っているのでちょっぴり乱暴に感じる時も…あるけれど。

トクントクンと、ミミの胸から聴こえてくる鼓動。
じわりじわりと、ミミの体から伝わってくる温もり。
全てが、とてもとても、心地良く感じるのです。

抱っこもとっても大きなのですが、ピョンが一番大きなのは、ミミが聞かせてくれるお話です。

tuk007.jpg

「ピョン、月にはね、ピョンとおんなじうさぎさんが、いっぱい、い~っぱい、いるんだよ!」

ミミがよく口にする「月」という場所には、どうやらピョンの仲間がいっぱいいるようです。
ですが、ピョンは、ミミが傍にいてくれたら他のうさぎなんて、1羽だっていりません。
ミミの存在だけで、ピョンの心はあったかい気持ちでいっぱいになります。

ホントはそんなに興味はないんだけれど、黄色の丸いボールを手に持って楽しそうに月の話をするミミの笑顔を見ていると、月に行ってみたいなという気持ちになります。

「月はね、暗~くなって夜になると、ぽっかりお空に浮かんでくるんだよ。このボールみたいにまん丸の形をしてるの。忘れちゃダメだよ、ピョン。いつか一緒に行くんだからね。」

tuk008.jpg

ミミに教えてもらったことを、ピョンは、どれも忘れたことはありません。


To Be Continued
スポンサーサイト
[ 2018/07/04 00:00 ] らくがき ものがたり | TB(-) | CM(-)