FC2ブログ









映画。

159.jpg

今朝は、取りためていた映画を2本観て過ごしました。
一本目は「トランスアメリカ」、二本目は「チョコレートドーナツ」。

この二本に共通するのが、「性的少数者」が登場すること。
性的少数者」とは、同性愛者や両性愛者、トランスジェンダー(性同一性障害の当事者含む)など。

ブロークバックマウンテン」を観たのをきっかけに、このジャンルの色々映画を観てきました。
名前を思い出せない映画もあるのですが、自分が観た映画の殆どは、終わり方がなかったり、しかったりします。
中国の植物学者の娘たち」なんか、主人公二人は罪に問われてしまった挙句…。

今日観た「トランスアメリカ」は、最後、ほんのり希望を感じられたのですが、「チョコレートドーナツ」はしくなりました。
チョコレートドーナツ」はアメリカの実話を基に造られた映画なのだそうで、母親から見捨てられたダウン症の少年と一緒に暮らすため、司法や周囲の偏見と闘ったゲイカップルの姿を描いています。
裁判のシーンが、かったです。

この映画を観た後、「普通」って、いったい何なんだろう?という疑問を抱いていました。

うぅ~ん。

頭が弱いのではっきりした答えは浮かばないのですが、「これはこうでなければならない!」とか、決めつけてしまうような考え方は好きでないです。
は広く持っていたいです。

この世界は、んな人でいっぱいなのです。
愛情だって、色々なのです。
せの形だって、色々なのです。
スポンサーサイト




[ 2015/08/03 16:01 ] かんそう えいが | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する